そもそもマーケティングオートメーションとは?

マーケティングにおいて最も重要なのはPDCA

マーケティングオートメーションとはマーケティング活動を効率的に実施し適切なPDCAをまわすための管理ツールです。
昨今のWEB社会において、様々な企業が新規の顧客を開拓するためにこのマーケティングオートメーションを活用しはじめているのです。
マーケティングというものは今はない新たな顧客を自社の既存顧客にするための活動であり、実際にどのようなマーケティング施策が新しい顧客を獲得できるかの正解はありません。顧客のニーズは多種多様であり、どのようなマーケティング活動が実際に顧客の心に響くはやってみないとわからない部分もあるのです。
よってマーケティングの効果を最大限に伸ばしていくためにはPDCAまわすということが非常に重要であり、マーケティングオートメーションの中で最も重要視される要素なのです。

マーケティング部門が抽出した見込み客の受注確立

マーケティングオートメーションでは、展示会やセミナー、DM等の個々のマーケティング活動を総合的に管理します。
それぞれ個々のマーケティング施策における結果を分析し、次にどのようなマーケティング行為を行う必要があるか判断するための材料を提供します。
マーケティング部門の最終的な目標は営業部門がアプローチする価値がある見込み顧客を抽出することですが、この抽出した見込み客における受注確立が悪い場合はこの見込み客が本当のところでの見込み客ではないということです。
しかし多くの企業において、このような結果となるマーケティング施策を改善せずそのままにしているケースがあるのです。
マーケティングオートメーションを活用すると、マーケティング部門が抽出した見込み客における最終的な受注確立も分析を行い、確立が低いようであれば見込み客を抽出する条件の見直しも行う仕組みとなっています。