マーケティングを効率よく行うために

適切なマーケティングを行うことが大切

マーケティングを効率よく実施していくためにはマーケティングオートメーションツールを導入することが効果的です。
マーケティングは営業部門に高角度の見込み客を提供するための重要な活動であり、この活動をしっかりと行わないと営業部門は見込みの無い客に翻弄されたり、無駄な時間や営業経費を浪費してしまいます。
このようなことにならないためには適切なマーケティング施策を実施する必要がありますが、マーケティングの結果というものについてはその成果についてなかなか明確に良し悪しの判断ができるわけではありません。
そのため実は全然見込みの無い客を抽出して営業部門に提供していても、営業の仕方が悪いのかマーケティングに問題があるのかの適正なジャッジを行わないまま放置されてしまうことが少なくないのです。

集計や分析はマーケティングオートメーションツールにお任せ!

マーケティングの質を高めるためには、抽出した見込み客における受注確立のデータを漏らさず集計し分析することが重要です。
マーケティング部門が抽出した見込み客を施策ごとに分類し、それぞれの受注確率を比較することでどの施策で抽出した見込み客が受注につながることが多かったのか結果として出すことができます。
勿論、数回の集計では偶然の受注や運等にも影響される場合がありますが、長期的に何回か分析を行えばだんだんと正しい結果となってくるのです。
ただ、このような分析や集計業務に追われ本来の仕事が疎かになってしまっては本末転倒です。
このような集計や分析はマーケティングオートメーションツールに任せ、マーケティング部門は本来のマーケティングの仕事に傾注することが大切なのです。