BtoBとBtoCのマーケティングの違い

BtoBとBtoCそれぞれの購入意思決定者は?

BtoBとは企業が企業に対してサービスや商品を販売することであり、BtoCとは企業が個人の消費者にサービスや商品を販売することです。
そして、このBtoBとBtoCでは有効となるマーケティング手法が異なることがポイントです。
BtoBでは企業を相手に販売するため、商品やサービスを購入するのは企業、ということになります。一般的に企業が商品やサービスを仕入れるのにはビジネス上の目的があり、担当者の個人的な思いで購入することは普通はありません。
よって、BtoBのビジネスにおける商品やサービスの購入はとても慎重かつ合理的に行われるものであり、その購入を決定するためにはたくさんの意思決定者がかかわるのです。

BtoBとBtoCそれぞれにおけるマーケティングのポイント

BtoBにおける商品やサービスの販売、購入にはたくさんの意思決定者がかかわるのに対し、BtoCは個人消費者への販売のため購入を決定するのは殆どの場合が個人1人であって、多くてもそのご家族の方が関係するくらいです。
このように、BtoBとBtoCでは購入を決定する際の意思決定者、決裁者の数に大きな差があり、これがマーケティング施策に大きく関わるのです。
よってBtoBにおけるマーケティングの場合、いろいろな立場の意思決定者に「この商品は良い」と思ってもらう必要があるため、経済面や機能面、品質面等々様々な角度でアプローチする必要があります。それに比べBtoCにおけるマーケティングでは、個人1人の購買意欲を如何に瞬間的に高めるかがポイントとなるため、感情にうったえるようなアプローチも効果的なのです。